FC2ブログ
お金大好き~月1万円のお小遣いアップをめざす!
毎月のお小遣いが1万円増えたらちょっと贅沢な毎日が過ごせると思いませんか? 毎日1つ月1万円のお小遣いアップのネタを探して紹介することを目標にします。
障害年金はだれのものか?
うつ病の25歳が障害年金受給を拒むワケ「年約78万円」より欲しいものという記事を偶然プレジデントオンラインでみて感じることがあったのでふと書いてみます。

この世帯は、お父さんが元会社員、お母さんは公務員ということで現役世代。
4500万円の資産があり、自宅のローンは完済。
子どもは25歳でブラック企業で数か月勤めていて失業後引きこもり。
障害年金を申請できるのに「自立を阻害するからしない」という家族の方針だそうです。

正直、年間78万円(月6万円)で生活していくことは不可能で、本当にこの両親は子供の自立を阻害すると思っているのでしょうか?
私からすれば、自立を阻害しているのは親が引きこもりをさせており年金も本人の自由にさせない環境ではないかと思いました。
すなわち、親が子供を甘やかしているという状態です。
また、双方に依存しあっている関係のようにも思えます。

もちろん社会生活を営む上で「どれだけ依存できる関係があるか」というのは大切なことだと思います。
この場合の依存とは「お互いが支えあう」という意味も含まれているのですが、現実的なはなしでは引きこもりの息子は親亡き後は資産を食いつぶしながら生きていくか、公的扶助(生活保護)を受けるか、働きださねばなりません。
日本では、一度ドロップアウトしてしまうとなかなか立ち直れない環境です。

最近、amazonプライムビデオで見たリライフ(原作はComico)の主人公を思い出してしまいました。

ReLIFE(リライフ) コミック 1-7巻セット

新品価格
¥4,895から
(2019/2/23 15:56時点)




現実の世界ではこのような「やり直し」が効かない社会を生きています。
この25歳のニートが(ちなみに、ニートは35歳まででそれ以降は単なる「中年の引きこもりの人」になります)今後どうなるのかはもやもやしてしまいました。
近い将来、資産を食いつぶすくらいなら月6万円の年金をもらいながらでも働く術を身に着けた方が社会的にもプラスになると思うのですが、皆さんは「小遣いをもらいながら、実家で引きこもっているニート」をどう思われますか?
スポンサーサイト



テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

【2019/02/23 15:59】 | うつ | トラックバック(0) | コメント(0)
マインドフルネスと双極性障害(躁うつ病)
夫は健康保険のサポートがあってカウンセリングを受けています。
(正確には健康保険組合の付加サービスで面接を受けられる権利を持っています)

その中で、最初は認知行動療法やマインドフルネスという薬では無く心理利用法で自己治癒を目指す努力もしてきました。

精神科医は忙しいです

診療報酬は30分未満で一定…と言うことは、診察室に入って1分でも「今日の調子はどうですか、…じゃ前と同じお薬で」
という具合でも、親身になって話を聞いても出す薬は同じ。

そもそも、医学の授業にカウンセリグンで人を治す授業はどれくらい取り上げられているのでしょうか?

医師国家試験では、「うつ病の患者を励ましてはいけない」というのが禁忌肢(重大な障害を残す医療行為として他の点数が良くてもそれだけで不合格になる問題)と噂されています。

正直、うつにもいろいろあります。
急性期と慢性期によっても症状は違いますので一概には言えないのですが、医学界では「定説」となっていて難しい学歴社会を乗り越えてきた先生方が選択するとは思えない凡ミス問題の好例のように取り上げられています。

でも、慢性化したうつには励ましや治すと言う努力が必要では?

というのが新型のうつには求められているようにおもいます

「それって単なる甘えじゃないの?」

と切り捨てる人もいますが、発達過程で築いてきた自我を変えていくと言うことは相当厳しいとおもいます

無くて七癖、あって38手?!

他力本願がかなわないなら自分でなんとかしようと、夫は仕事を続けながら自分を見つめる努力をしている様です

不安・恐れ・心配から自由になるマインドフルネス・ワークブック―豊かな人生を築くためのアクセプタンス&コミットメント・セラピー

新品価格
¥3,240から
(2016/12/25 05:32時点)




マインドフルネスは、グーグルでもストレス軽減法ではなく生産性向上のための手段として取り入れられていますがiPhoneのヘルスケアにも取り入れられている「頭の中を整理する」第三世代の認知療法とも言われているそうです。

私も、彼につきあってCDを聞いて練習しています

そのCDがついている本がこちら

実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン[注意訓練CD付]

新品価格
¥1,512から
(2016/12/25 06:22時点)




特に癖も無く音だけのCDなのですが、カウンセラーさんお勧めの本だそうです。

本を買っただけではなにも変わらなくて、習慣として毎日朝夕、気分がいいときも悪いときも続けることが大切なんだそうです。
瞑想っていうとなにかスピリチュアルな感じがしますが、頭の中をすっきりさせるというのは日々の忙しい時間で「間」をとると言うことはとても大切なことだと感じました。

テーマ:双極性障害(躁鬱病) - ジャンル:心と身体

【2016/12/25 06:32】 | うつ | トラックバック(0) | コメント(0)
メラトニンサプリで睡眠薬不要になるのか?
オーストラリアの会社でiHerbという会社を見つけました。
ここで「メラトニン」と検索するか、左側のチェックボックスでメラトニンを指定すると80近い商品が表示されます。

私の夫は病院に行って、不眠時に飲む睡眠導入剤を使っていましたがあまり長い期間飲み続けると耐性ができるらしく悩んでいました。

そこで、その代替法としてメラトニンを試して見ることにしました。
60カプセルで350円 一日一錠で2ヶ月分で350円ですから、一月180円くらい一日6円だったらありがたいです。

ただ、個人輸入の形になるので佐川便で440円の送料がかかります。
そして、メラトニンは一月分しか輸入の制限で一ボトルしか送れないそうです。

と言うことは,海外の人は3mgのメラトニンを二錠飲んでいるのか・・・

量などはサプリメントですので個人差もあり、薬事法の問題もあるので用法を示すことができないのだと思うのですが、代替医療として今後も注目していきたいとおもいます。

また、効果についてはレビューしていきたいとおもいます。

テーマ:ネットショッピング - ジャンル:ライフ

【2016/05/14 05:46】 | うつ | トラックバック(0) | コメント(0)
夫の詩『人生成り行き』
夫が躁状態の時には良くしゃべり、良く書くことが多いです。
それが、躁転(うつから元気になって飛び抜けてしまう症状)の兆候でもあるようで毎日様子を見ています。
双極性障害(1型が大爆発・2型が最近出てきた新形鬱(うつ)みたいなもので判断が難しい)は感情の起伏が激しく脳が疲労してしまう病だそうです。

精神医学の世界は看護学でやっていたときは「ヘェそんな人も居るんだ」程度に思っていましたが、夫が発症していろいろ考えることが多くなりました。
これから迎える高齢社会は認知症やアルツハイマーだけではなく老人性うつなど脳疾患が増えるでしょう。
女性であれば更年期障害
私も他人事では無いのかも知れない、、と思うとどうケアすればいいのか考えます。

ちなみに、下は夫が言い出した詩『人生は成り行き』です。

病気になったことを嘆いても仕方が無いし、それと折り合い付けて行くしかない

ということだそうです。

---引用ここから---

人生何があっても
今日が楽しければそれでいい
明日があってもなくても
今日を楽しめる人が人生の勝者

金はためるより遣う方が難しい

貯めるな遣え

人生は短い

だから今を生きるんだ

人生は成り行き
思ったようにはいかないけれど、それを楽しめた人が笑者(ショウシャ)
---引用終わり---
続きを読む

テーマ:毎日を楽しむ♪ - ジャンル:ライフ

【2016/04/29 05:36】 | うつ | トラックバック(0) | コメント(0)
夫の転職活動...これも躁状態?
夫の意識高い系は仕事に向かうのではなく「自分を理解してくれる会社を探す」ことのようです。
就職サイトに登録して、説明会に参加する
交通費や時間をかけて休日に出かけるのはわたしにとっては苦痛だとおもうのですが、

「自分の市場価値を確かめられるのは楽しい」

とのことでした。

人からの評価を気にして内省しない

ということが、双極性障害(躁うつ病)にありがちな傾向と何かの本で読んでいたのでこれももしかすると病気の症状なのかなと感じて様子を見ています。

実際のサイトで登録してみると、今の時代平均年収が簡単に出る様に工夫されていておしゃれな感じみたいです。





35才迄に4人に1人は転職する時代ですので、別に悪いことではないのですが環境を変えて人間関係もまた新しく作っていくことが果たして幸せなんだろうか、立ち止まって考えてもらいたいとおもいます。

ちなみに、夫の市場価値は「平均的」という結果が出たようで可もなく不可もなくという診断だったそうです。

テーマ:仕事探し - ジャンル:就職・お仕事

【2015/12/12 12:12】 | うつ | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Ilovemoney

Author:Ilovemoney
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる