FC2ブログ
お金大好き~月1万円のお小遣いアップをめざす!
毎月のお小遣いが1万円増えたらちょっと贅沢な毎日が過ごせると思いませんか? 毎日1つ月1万円のお小遣いアップのネタを探して紹介することを目標にします。
双極性障がいの特徴(保険の話)
双極性障害(躁うつ病)の特徴として『誇大妄想』というのがあります。
私の夫は2型という躁がややマイルド(決して良いことだけではありません)が
ですので普段は仕事も普通に・時々バリバリがんばっています。

しかし、数年に一度限界を超えてしまって入院せざるを得ない状態になることがあります

普段の人柄のおかげか、職場の理解が得られてしばらくの間お休みはいただけるけれど、
その間の収入は無し・・・結構、家計を預かる身としては厳しいものがあります。

発病前に加入していた入院保障で日額1万円は支払われますが、
個室の差額ベッド代と医療費で消えてしまいます。

かといって、一度病気になった人は保険に入れないのでは?

と思っていましたが最近は「告知緩和型」の保険が普及していて保険によっては割高ながら
加入ができる様になりました。
入院後1年経ったら加入できる物、2年経ったら加入できる物、5年待たないと加入できない物と
保険の種類によってまちまちですが、それぞれの保険の特徴を見て支出と保障のバランスを考えたいとおもいます。

私のおすすめは3つです

一番手軽なのが、月1,000円の生協の保険です。
入院した場合一日2,000円と補償額は小さいですが入院の予定がないことと、現在入院していないこと
というシンプルな確認事項だけで入れます。

二つ目にいいなと思ったのが、入院後の通院保障がある物です。
短期の調整入院の後、一定期間の間に30日通院の保障がでるという保険が有りました。
経過を慎重に見極めるために通院回数が頻回になる病症にはありがたかったです。

3つ目は入院給付金がでる保険です。
一回の入院あたり、1日でも30倍(つまり、5,000円の保障であれば15万円支給される)
と言うものがあります。
調整入院の場合、短期でも移動の費用や手間が大きいのでこれはとてもありがたいです。

なお、余談ですが保険会社によってはメンタルサポートといって
電話や面談でのカウンセリングが無料で受けられるサービスが付いています。

私も家族として受けられる相談ダイヤルもあって案外これが
「聞いてもらえるだけで気持ちが安定する」という効果があって助かっています。

双極性障害(躁うつ病)の当事者の方、ご家族の方の生活が今より少しでも良くなることをお祈りしております。
スポンサーサイト



テーマ:双極性障害(躁鬱病) - ジャンル:心と身体

【2017/08/29 07:19】 | 双極性障害(躁うつ病) | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Ilovemoney

Author:Ilovemoney
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる